2016
07/17

COMMENTS:
No Comments »

退職する時は円満に

介護業界は、介護の大変さや給与面・待遇面での理由により、就職することに抵抗感がある人もいるようです。そのようなことから、人材不足になりがちな施設が多々あり、需要は高いといえるのではないでしょうか。それは介護の資格を所持していれば職場を選べる状況だとも考えられ、不満があれば介護施設を退職することもあるかもしれません。我慢をして一つの職場にこだわらなくても再就職できる可能性が高く、決断もそれ程の覚悟はいらないといえます。
それにより、給与面や待遇面での不満があれば、すぐに退職を決意するケースもあるようです。その際、不満がある施設だからといって悪態などをついたり、辞めてしまうからといいたいことをいってすっきりしたいという気持ちを持つ人もいるでしょう。しかし、そのようなことはしない方が無難です。地方における介護施設は、通える範囲であれば狭い業界といえ、噂が広がることもあります。悪評が広がってしまえば、いくら需要の高い業界でも就職しにくくなる可能性もあるのです。また、何よりも非がないのに悪くいわれるのは損なだけでしょう。
円満に退職しておけば、転職先が合わなかった際に、また同じ職場へ戻るのも可能かもしれません。そのため、辞める前に何かいいたいと思っていても、我慢してできるだけ円満に退職を進めるのが賢明といえます。職場が選べる状況を有効に活用するためにも、これらのことを退職時に心がけておくことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です